月別アーカイブ: 2018年12月

和食から学べば今よりもっとクッキングが得意に。今日から実践できるエッセンス

浸し物のレシピは好き好きだと思います。

ですが、基礎的な料理手順も知っておくのも良いでしょう。

しょう油、だし、さらに味醂といった調味料に浸してから頂くのが本来のレシピと言えますが、他に簡単にしょうゆにつけるのみで仕上げるレシピを作るのもメジャーなようです。

茄子や大根を使った浅づけはいつも食事時に供してあげたいものでしょう。

一夜漬けの塩の分量は、原材料に比しておよそ2ないし3%が最善です。

食塩だけで作るのもいいですが、せっかくなのでショウガと鷹の爪、又は昆布なども一緒に寝かせることで趣のある味わいやら旨味も浸み込みます。

浸し物にする一般的な野菜を挙げますと菜の花にホウレンソウなどですが、まだ他に思いも寄らない材料も美味しく出来る事も少なからずあります。

具体的にはクレソン或いはアスパラガス、またはジャガイモ等も美味しく出来る材料なので、副菜の引き出しへ加える重宝するジャンルではないでしょうか。

ゼファルリンの評判